AMD製CPUによる計算速度向上と中規模モデルにおける並列計算について

日本精工株式会社
生産技術センター 成形技術開発部 熱処理グループ
萩本 豪

概要

高周波熱処理には、火災リスクが低い・作業環境が暑くならない・CO2排出量を削減できる等の利点がある。そのため、高周波熱処理技術開発に取り組み、適用拡大を進めている。効率良く技術開発を進めるためにJMAGの誘導加熱解析を利用しているが、さらに開発を加速させるためには解析時間短縮が重要となってくる。
今回、AMD製CPUを採用することにより解析時間短縮を実現できたため、そのハードウェア選定について紹介する。また、100万要素未満の中規模モデルにおける要素数と並列計算速度の関係を調査し、解析業務効率を改善した事例について紹介する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ