アキシャルギャップモータの解析/実験による熱的特性の検証、及びラジアルギャップモータとの比較検討

岡山大学 大学院
自然科学研究科 電動機システム工学研究室
綱田 錬

概要

高付加価値なモータシステムを実現するために、扁平な形状がモータに要求されることがある。そこで、扁平形状においても高いトルク密度を実現できるアキシャルギャップモータが注目を浴びている。一方で、近年はモータの出力密度に対する要求も高まっている。出力密度を向上するためにはモータ内の熱分布を把握することが重要となる。そこで本公演では、JMAGを活用した熱解析によってアキシャルギャップモータの温度特性を明らかにし、実験結果と比較することでその精度を検証した。また、一般的に使用されることが多いラジアルギャップモータと、アキシャルギャップモータの双方の縦横寸法比(アスペクト比)が熱特性に及ぼす影響について比較した事例も示す。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ