[L-HU-01] 高並列ソルバで回転機の複雑な現象をありのまま解析

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

概要

JMAGの高並列ソルバは、実用時間内での3次元解析を実現します。
例えば、100万要素のモータモデルを1ステップ1分(1コアで30分)で解く、コイルエンドを含む素線をモデル化した3次元解析を1日(1コアで1ヶ月以上)で解く、というようなレベルで解析を行います。
従来、回転機では2次元解析が多く用いられてきました。これは3次元形状の回転機に対して2次元近似が成立していることが前提となります。回転機の薄型化、高出力化に伴い、2次元の前提が崩れ、3次元解析が必要となる場面が増えています。3次元解析はコストがかかるため検討に限度がありましたが、高並列ソルバを用いることで実用可能となります。3次元モデルで直接計算することで、エンドプレートやカバーの影響、コイル素線内の電流密度分布の偏りなど、複雑な現象を近似に頼ることなく設計案を詳細に検討することが可能です。
JMAGの高並列ソルバは実務の使用に耐えるため幅広い問題に対して高い性能を発揮します。

絞込み検索

  • カテゴリー一覧