[L-OP-107] 極数、スロット数をパラメトリックに変更可能な巻線エディタ

概要

モータ設計の初期段階では様々なモータタイプ、極数、スロット数の組み合わせが検討され、設計要求を満たす設計案を探索します。JMAGでは巻線エディタと形状ライブラリを組み合わせて使用し、極数やスロット数を変数化することでパラメトリック解析を実行できます。
図1ではスロット数を変えてもアンペアターンが同じになるように電流値を調整し、設計案を比較しています。平均トルクが高くトルクリップルが小さいのは24スロットの設計案です。スロット内の電流密度が低く、比較的長時間の連続駆動に適しているのは12スロットの設計案と言えます。

続きを読むには、会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。サインインまたは、会員登録が必要です。
会員登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン  

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧