[L-MO-105] モデルベース効率マップ開発のシステム設計 (速度優先モード)

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

概要

EV向け駆動用モータの効率マップには広範な動作域かつ最高効率95%以上の特性が求められます。本効率マップ要件に応えるためには、開発の上流工程であるシステム設計フェーズにおいて、モータ種別、極・スロットコンビネーションの検討も含めた大域的な設計探査が必要です。
モデルベース効率マップ開発はこれを可能にします。JMAGの効率マップ生成機能(速度優先モード)は、形状ライブラリ、巻線エディタを使うことで極数、スロット数または各寸法をパラメータとした形状変更を簡単に行うことができ、形状ごとに効率マップを短時間で描画します。

絞込み検索