[L-MO-106] モデルベース効率マップ開発の試作・性能評価(精度優先モード) 

概要

EV ⾞両向け駆動⽤モータの最⾼効率は95%を上回る。更なる効率改善のためには1%オーダーでの評価が必要になるため、モデルベース解開発における実機との効率誤差も1%の精度が必要です。
JMAG は制御回路を詳細にモデル化することで、PWM キャリアによる⾼調波を含んだ損失の計算が可能です。また、FEA モデルで、磁⽯渦電流損失や⾓線コイルのAC 損失を考慮した効率計算を⾏う事ができます。
JMAG の効率マップ⽣成機能(精度優先モード)は詳細な制御モデルと実機相当のモータモデルを組み合わせることで、仮想試作・性能評価で要求される効率誤差1%を実現することができます。
JMAG の制御モデリング機能には、2 相3 相/3 相2 相変換ブロックや、数学関数などの各種機能ブロックが予めプリインストールされており、これらを利⽤して実機相当の制御モデルを作成することが可能です。

続きを読むには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧