[L-OP-25] クラウド環境でのJMAGの活用

概要

CAEにおけるクラウドサービスの提供が進んでいます。必要なタイミングで十分な計算リソースを利用して解析業務を行うことができます。JMAGはいくつかのクラウドサービス上でお使いいただけます。
解析規模は年々大規模化する傾向にあり、HPCなど巨大な計算リソースを自社で持つ企業も増えています。一方で、開発、設計のプロセスに占めるCAEの領域は一部分であり、解析業務は繁忙期が偏る場合があります。一時的に計算リソースが不足する、大きな計算リソースを長期で保有することが難しいなどの問題に対して、クラウドの利用が解決策となります。

続きを読むには、会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。サインインまたは、会員登録が必要です。
会員登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン  

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧