HPCへの対応

機器内の現象の詳細把握や、設計空間を調べるための大量計算には、高速な計算処理、環境が欠かせません。
このページでは、JMAGのHPCによって作り出される世界とその環境構築について紹介します。

HPCの活用場面

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

角線コイル永久磁石同期回転機の交流損失解析

詳細な形状を含む大規模解析モデルを解くためにHPCを活用した事例をご紹介します。

HPC利用の全体像

JMAGは、SSH接続方式を利用したHPCでの解析実行に対応しています。
クライアントマシン上のJMAG-Designerから直接SSH接続を利用して解析ジョブをHPCへ投入、解析の進捗を確認して解析完了後に結果を直接HPCから回収、読み込みます。
解析ジョブには、形状変更からメッシュ生成、計算実行、結果の出力まで全ての解析プロセスをまとめられるため、HPC導入の効果を最大限引き出すことができます。
JMAGにおける実行フローはこちらからも確認できます。

JMAGにおけるHPC利用イメージ

システム構成例

上記利用イメージにおけるシステム構成例を示します。
各対応OSの詳細はこちらから確認できます。

  • クライアントマシン環境
    OS:Windows
    ソフトウェア:JMAG-Designer
  • HPC環境
    OS:Linux
    ソフトウェア:JMAG-Designer, 一般的なジョブスケジューラ(PBS, LSF, Torque等)
    ※高並列分散メモリ型(MPP)並列計算使用時には、下記を準備
    計算ノード間のネットワーク:Infiniband
    MPI:Intel MPI
  • クライアントマシンとHPCの通信
    通信方式:SSH
    ファイル送受信:SFTP

各種機能

HPC利用向けの機能を装備しています。

  • SSHを経由したジョブ投入/キャンセル
    • 接続に必要なサーバ情報(IP, ログイン情報)はJMAG-Designerに登録できます。
    • JMAG-Designerからのジョブの実行、キャンセルのために、管理サーバのジョブスケジューラに準拠した実行コマンドを別途用意し、JMAG-Designerへの登録が必要です。
  • ジョブの進捗管理
    • JMAG独自のジョブスケジューラ(JMAG-Scheduler)から直接、HPCで実行中のジョブの進捗を確認できます。
  • ライセンスシステム

関連資料

参考文献