IPMモータ

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 独自製法による新コイル(アスターコイル)に対するモータ解析とその導入事例について

    株式会社アスター 柳沢 恭平

  2. Topology Optimization of Electric Machines for E-mobility Applications

    Volvo Car Corporation Bharadwaj Raghuraman, Shafigh Nategh

  3. JMAGトポロジー最適化による耐減磁性能向上の検討

    株式会社東芝 新谷 翔吾

  4. 最適化を活用した設計の自動化のトラクションモータへの適用

    日本電産株式会社 上田 智哉

  5. Optimization (multi-objective, multi-physical) and Verification of E-Motor Design Using Real Test Bench Data

    Great Wall Motor Austria Research & Development GmbH Tim Schwartz, Sebastian Igel

  6. Combining Computational Fluid Dynamics and Electromagnetic Finite Element Simulations for Transient and Steady State Motor Cooling Simulations

    Tristan Burton, Convergent Science, Inc.

  7. シミュレーションを活用したモータ熱設計の再考察

    シーメンスPLMソフトウェア・コンピューテイショナル・ダイナミックス株式会社 佐藤 誠

  8. [JAC165] IPMモータの効率マップ作成

    ここでは、 IPMモータの効率マップを作成し、各動作点の損失割合を評価しています。

  9. [JAC240] PAM駆動を使用したIPMモータのN-T特性解析

    ここでは、PAM駆動時のIPMの性能を確認した事例を示します。

  10. [RTML-050] PMSM/IPM 3相 デルタ

    型式:PMSM 出力:150(W) ステータ外径:112(mm) 積厚:65(mm) 電源:DC24(V)/4(A) ロータ:IPM

  11. [RTML-049] PMSM/IPM 連続定格 75(kW) 3相 レゾルバ

    型式:PMSM 出力:75(kW) ステータ外径:212(mm) 積厚:200(mm) 電源:DC600(V)/250(A) ロータ:IPM

  12. [W-MB-157] レゾルバ偏心時のPMモータトルクリップル制御への影響評価

    駆動用のモータドライブシステムを想定し、モータおよびレゾルバをJMAG-RTでモデル化することで、モータトルクリップル制御の検証を行う。レゾルバの偏心度合いや取付位置が近くなることによる…

  13. [W-MB-155] 断線時異常検知のための6相モータプラントモデルの精度

    モータの多相化が進み、システムの冗長性をもたせることでフェールセーフ機能を実現できるようになってきた。3相を2重化した6相モータもその例であるが、6相モータは2つの3相巻線の磁気回路が…

  14. [W-MO-114] 効率マップ測定比較

    本稿では、シミュレーションで求めた効率マップと実測の効率マップの比較、損失発生要因の寄与度を評価し、要求精度に必要なモデリングについて解説する。

  15. [W-MB-153] 空間高調波を考慮したモータプラントモデルの精度・速度検証

    本書ではプラントモデルの一種であるJMAG-RTを用いて、インダクタンスおよび鎖交磁束のテーブルがもつ各軸(機械角、電流振幅、および電流位相)の分解能と精度の関係を示す。加えてJMAG-RT解析…

  16. [W-MB-156] 高調波鉄損の考慮によるモータプラントモデルの精度向上

    モータの高速化やPWM駆動の影響により、モータプラントモデルを用いた解析においても、その精度向上のため損失考慮の重要性が増している。特にプラントモデルに求める精度が高い場合には高調波…

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して