三次元有限要素法による最新モータ解析技術

PDFダウンロードサービスはご利用いただけません

岐阜大学 河瀬 順洋

概要

近年、電気機器の新規開発および詳細設計・性能評価を行う上で、その開発・設計期間の短縮などの高効率化に対応するため、電磁現象の究明を効果的に推進できる高精度な電磁界解析技術はもはや必須なものとなっている(1)。
ここでは、三次元有限要素法の最近の動向および最新の各種モ←タ解析技術について述べる。すなわち、最新の実用解析例として、チョッパ電圧を印加した場合の腕時計用ステッピングモータの動作特性解析(3)について述べる。また近年、広く用いられるようになってきた埋込磁石構造回転機においては、コンデンサ放電を考慮して固定子巻線を用いた着磁解析例(4)、けい素鋼板中の渦電流解析を行った例(5)について述べる。また、Y接続回路を考慮したかご形誘導電動機およびソリッドロータ誘導電動機の定常トルク特性解析を行い損失特性を明らかにした例(6)(7)、Y接続回路を考慮したアキシヤノレギャップ形モータの電流およびトルクを求めた例(8)、薄形永久磁石回転機のコギングトルク特性解析を行った例(9)、リニア誘導モータの始動推力特性解析例(10)およびマイクロタービン発電機の効率特性解析を行った例(11)について示す。以上により、計算機支援設計の有用性を明らかにする。

絞込み検索

  • カテゴリー一覧