IPM(Interior Permanent Magnet)モータの連成解析

株式会社東芝 生産技術センター 制御技術研究センター
鈴木 信行

概要

近年、エアコン、洗濯機に代表される家電機器では高効率化、或いは低振動・低騒音化等の性能向上に関する技術開発が進められている。その中で省エネや静音化のキー技術であるモータ開発に、マイコン・インバータ・モータをモデル化しシミュレーションを活用する試みが始まっている。そこで、IPM (Interior Permanent Magnet) モータをモチーフとして、MATLAB とJMAG-RT を連成解析させたシミュレーションを実施し、実機と同様に電流位相の変化により電流が歪む結果を得た。その結果、モータの磁気回路とインバータとマイコンのソフトウェアを統合的にシミュレーションできる解析モデルが得られた。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ