日本自動車工業会におけるGPUコンピューティング調査に関する取り組み

一般社団法人日本自動車工業会 電子情報委員会 デジタルエンジニアリング部会 スパコン先端技術調査タスク(スズキ株式会社)
砂山 良彦

概要

GPUは消費電力に対する理論性能値が高いという特長がある。一方、自動車会社にとっては車両開発で実際に使用するソフトウェアの実効性能が重要である。そこで、JAMAの枠組みにおいて、個社では実施が難しい広範なGPUベンチマークテストを実施している。本講演では、電磁界解析ソフトウェアJMAGのベンチマークテストの結果を含め、自工会の取り組みについて紹介する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ