高周波焼入れにおける電磁界-熱応力連成解析と実験検証

電気興業株式会社
高周波統括部 設計部 熱処理設計課
粟田 洋平

概要

局部加熱を行う誘導加熱コイルの設計において、周波数、電力、加熱時間などとともにワーク・コイル間のクリアランスの選定が重要である。加熱時間が数秒程度の焼入れにおいても、ワークは温度上昇とともに膨張変形するので、ワーク・コイル間のクリアランスは変化する。
今回、軸付き円筒状部品を対象に電磁界-熱応力連成解析を実施し、さらに実験による検証を行ったので報告する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ