アウタロータハウジングへのCFRP 適用による性能向上の可能性検討

株式会社ピューズ
技術部
坂下 善行
/ 株式会社東京アールアンドデー
車両開発部門 CAE 開発Gr
高石 新

概要

アウターロータ支持材としてCFRPを適用することで、CFRPの一般的な特徴である軽量高強度を実現するだけでなく、磁気性能面や構造面の不利を緩和できる可能性について検討した結果について報告する。
また、CFRPの特徴を生かして設計最適化を行い、軽量と高剛性な構造に実現について検討した結果についても報告する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ