MBDにおけるJMAG-RTの活用方法と展望

本田技研工業株式会社
四輪事業本部ものづくりセンター パワーユニット開発統括部 パワーユニット開発二部 大型ドライブユニット開発課
相馬 慎吾

概要

昨今自動車に対して、CO2排出力低減が求められ、F/PHEV、BEV及びFCVといった電動化システムが益々加速している。
Hondaは2030年には全体の2/3を電動車にしようとしている。
その中で、モータの開発とその制御及びインバータ開発とのやり取りが複雑化している。
本講演では、JMAG-RTを活用したSimulationの有用性と活用事例について紹介させて頂く。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ