最適化を活用した設計の自動化のトラクションモータへの適用

日本電産株式会社
中央モーター基礎技術研究所
上田 智哉

概要

自動車業界のトレンドは省エネ、環境への負荷低減といった方向に向かっており、自動車の電動化が進んでいる。自動車は低速走行、高速走行、坂道走行、急加速など走行時の状況で必要な回転速度やトルクが変化するため、幅広い動作領域での特性の算出が必要になる。さらに、出力、効率、トルクリプルなど、各種特性が背反の関係にあるものが多く、手動で最適化をすることが困難である。
本講演では、レンジファインダーやPSLの活用によって、最適化計算をトラクションモータ設計に適用した事例を紹介する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ