JMAGトポロジー最適化による耐減磁性能向上の検討

株式会社東芝
生産技術センター 電子機器・実装・制御技術領域 制御技術研究部
新谷 翔吾

概要

PMモータの材料コストのうち磁石が占める割合は大きく、低コスト化には磁石量の削減が有効である。磁石近傍のコア形状を最適化し、耐減磁性能を向上させることで磁石を薄肉化できるが、そのような最適化は従来手法では比較的難しい。そこで、JMAGトポロジー最適化手法を用いて耐減磁性能の向上に有効なコア形状の導出を試みたので、その結果について報告する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ