磁場解析の連成技術によるソレノイドバルブ開発

愛三工業株式会社
電動システム開発部
都築 直起

概要

高応答かつ小型化が求められるソレノイドバルブの設計において、シミュレーション上で”形状検討”と”応答性評価”の手法を構築したので紹介する。
“形状検討”は設計探査ソフトを使う事により、形状だけでなく、コイル諸元まで含めた設計パラメータ全てに対し、最良の形状を出した。
“応答性評価”は過渡的な流体力を考慮出来るよう、JMAGと1D-CAEの連成を行った。
始めにJMAG-RTによる計算速度重視の手法で候補を絞り、性能評価は精度重視のJMAG-Designerと連成する手法を用いた。
この”形状検討”と”応答性評価”の手法により、従来の開発プロセスに比べ、高品質な開発を短いリードタイムで実現した。

磁場解析の連成技術によるソレノイドバルブ開発

磁場解析の連成技術によるソレノイドバルブ開発

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ