[L-MO-108] 制御ゲインがモータに与える影響の評価

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

概要

モータ開発におけるコンポーネント設計フェーズでは、モータ要件に従い具体的なモータ形状、構成を決めるとともに、モータをドライブするための制御パラメータの適合を行います。
要件通りにモータを駆動するためには、制御ゲインの調整が必要です。制御ゲインは動作点ごとに磁束などのモータパラメータにより決定するため、詳細な調整を行うためにはモータパラメータを高精度に算出する必要があります。
JMAGでは、制御やインバータをモデル化し、制御ゲインがモータの駆動に与える影響を評価することが出来ます。図1に示すように、FEAで求めた詳細なモータパラメータをもとに制御ゲインの適合を行うことで、指令値通りに適切なモータ制御を行うことができます。

絞込み検索

  • カテゴリー一覧