マルチフィジックス

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. [L-MU-92] JMAG/Particleworks連携によるモータの冷却解析

    モータの温度管理は重要な課題です。PMモータの磁石は温度上昇によって減磁が生じ、高効率が失われてしまいます。自然空冷で十分に温度上昇を防げる場合は、複雑な液冷機構を設ける必要はあり…

  2. [L-MU-07] 専用ツールとの連携によるマルチフィジックス解析

    電気機器設計において、強度や発熱、振動・騒音の課題を磁気設計の段階で検討し同時に解決するためには、マルチフィジックス解析が有効です。しかし、構造解析、流体解析、磁界解析、熱解析そ…

  3. [JFT046] 解析テンプレートを使用した解析グループの継承

    本資料では、解析テンプレートを使用し解析グループを設定させる方法を学習します。

  4. 234 – 誘導電動機の振動特性解析

    ここでは、誘導機のステータコアに発生する電磁力を求め、モータの固有モードと連成させることにより音圧を評価する事例を示します。

  5. 233 – 誘導加熱コイルの最適化

    ここでは、歯車の高周波焼入れに使用するコイルの設計に最適化機能を用いて実施した例を示します。

  6. [JFT022] 多目的ファイル出力ツールによる物理量のファイル出力

    本資料は、多目的ファイル出力ツールを使用し、JMAGから物理量を出力する方法を学習します。

  7. [JFT021] 温度依存性を考慮した保磁力分布と残留磁束密度分布を持つ磁石の作成

    本資料は、温度依存性を考慮した保磁力と残留磁束密度を持つ磁石材料を部品に設定する方法を学習します。

  8. [JFT015] JMAGとSTAR-CCM+による熱流体を考慮した双方向連携解析の手順(Ver17.0以降)

    本資料では、JMAGとSTAR-CCM+による熱流体を考慮した双方向連携解析の設定手順を学習します。

  9. [JFT004] JMAGとSTAR-CCM+による双方向連携解析機能

    本資料では特に連成解析に関わる部分について学習します。

  10. [W-MO-23] 永久磁石モータの振動/騒音の実測と解析モデルの構築

    概要1.はじめにモータの開発において小型化、高効率化は常に要求されているが、近年は振動や騒音の低減に対する要求も高まっており、これらの開発課題を解決するためのツールとして、電磁界-構…

  11. 206 – 磁界と熱流体連携による油入変圧器の温度解析

    ここでは、強制循環タイプの油入変圧器の発熱分布を磁界解析で求め、熱流体解析モデルへマッピングし、熱流体解析で絶縁油を流体として扱って温度を求める手順と事例を紹介します。

  12. 205 – 熱等価回路を用いたIPMモータの特性解析

    ここでは、強制循環タイプの油入変圧器の発熱分布を磁界解析で求め、熱流体解析モデルへマッピングし、熱流体解析で絶縁油を流体として扱って温度を求める手順と事例を紹介します。

  13. 198 – バスバーの熱応力解析

    インバータ等のパワエレ機器の電力の供給ラインではバスバーやボンディングワイヤを介して電流が供給されます。インバータなどの機器は数(kHz)のPWMキャリア周波数で動作するため、周波数が高…

  14. 172 – 丸棒の高周波焼入れ解析(回転焼入れ)

    各種シャフトや歯車等の機械部品では、耐摩耗性を確保するため表面の硬度を増しつつ、内部の靭性を保つことで柔軟性のある部品を作ることが望まれています。表面硬化法のひとつである高周波焼…

  15. 138 – SRモータの振動解析

    SRモータは、他のモータに比べて構造が簡単で永久磁石を使用しないことから、堅牢で安価なモータとして期待されています。ただし、ステータとロータの突極性から生じる電磁力が大きく、振動や…

  16. 133 – 三相トランスの熱解析

    トランスの設計においてもっとも重要な指針のひとつは、運転時の損失を如何に低く抑えることができるかということです。トランス内部で発生するコイルの銅損やコアの鉄損は効率を悪化させるだ…

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧