マルチフィジックス

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 127 – 鋼材の抵抗加熱解析

    シャフトなど大きな金属部品は機械加工時に歪みが発生し、材料特性が悪化します。そのため、熱処理により加工歪みを取り除き、金属組織を標準状態に戻す処理を施し、材料特性を改善することが…

  2. 124 – ステータ内径のバラつきを考慮したSPMモータのコギングトルク解析

    モータ組立時、加工誤差や焼き嵌め、圧入によりステータの内径にバラつきが発生します。このバラつきによりコギングトルクが大きくなり、振動・騒音の要因になります。

  3. 123 – チョークコイルの熱解析

    ここでは、チョークコイルの鉄損及び銅損を熱源とした温度分布を求めています。

  4. 120 – SPMモータの熱減磁解析

    モータの高効率化および高出力化を実現するためには、温度上昇の問題を如何に解決するかが重要となります。モータに使われている材料で、温度に対する特性変化が大きいのは磁石です。希土類磁…

  5. 118 – バスバーの熱解析

    インバータ等のパワエレ機器の電力の供給ラインではバスバーやボンディングワイヤを介して電流が供給されます。インバータなどの機器は数(kHz)のPWMキャリア周波数で動作するため、周波数が高…

  6. 114 – アウターロータモータの振動解析

    アウターロータモータは、ステータの周りをマグネットロータが回転します。ロータの半径が大きくなるため、同じ外径のインナーロータモータよりも大きい駆動トルクを得られ定速度性に優れます…

  7. 100 – 鉄板の表面加熱解析

    ここでは、蚊取り線香状のコイルを配置した際、対向する鉄板の表面温度分布の均一性を確認し、温度分布が偏る原因となる渦電流損失密度分布も確認します。

  8. 97 – トランスの音圧解析

    ここでは、電源周波数6(kHz)でトランスを駆動した場合のコアの電磁力を求め、トランスの固有モードと連成して音圧分布を求める事例についてご説明します。

  9. 91 – 圧入応力を考慮したIPMモータの鉄損解析

    概要マグネットトルクに加えてリラクタンストルクが利用できることから、IPMモータに対する要求として、モータドライブと組み合わせた広い速度範囲における高効率化があります。特に高回転域に…

  10. 87 – 焼き嵌めを考慮したIPMモータの鉄損解析

    概要ハイブリッド自動車や電気自動車駆動用モータの鉄心として電磁鋼板が用いられます。その目的は、小型化、軽量化、高効率化です。IPMモータの高回転域における効率を高めるためには、鉄損を…

  11. 85 – 等速ジョイントの高周波焼入れ解析

    概要等速ジョイントは自動車の駆動系において、ドライブシャフト両端の接続部分等に使用されます。等速ジョイントの外輪内側は内輪側の鋼球やローラと直接接触するため、耐摩耗性の向上を目的…

  12. 51 – 歯車の高周波焼入れ解析

    歯車は歯どうしが接触する歯面の耐摩耗性を確保するため表面の硬度を増しつつ、歯全体の靭性を保ち、粘り強さをもつ部品とする必要があります。表面硬化法のひとつである高周波焼入れであれば…

  13. 50 – 鋼線の高周波焼入れ解析(移動焼入れ)

    鋼線は耐摩耗性を確保するため表面の硬度を増しつつ、内部の靭性を保つことで柔軟性のある部品を作ることが望まれています。表面硬化法のひとつである高周波焼入れであれば、高周波電源を用い…

  14. 49 – 鋼板の高周波誘導加熱解析

    鋼板の圧延工程には、製品の強度や性質を変えるために熱処理を行う工程があります。熱処理のひとつである高周波誘導加熱であれば、高周波電源を用いることで急速加熱することができますので、…

  15. 48 – プリンタローラの高周波誘導加熱解析

    プリンタの印刷工程では、トナーの付いた紙を、暖められた定着ローラと加圧ローラの間に入れて、熱によりトナーを紙に定着させる工程があります。定着ローラは、さまざまな紙の種類に対応する…

  16. 47 – クランクシャフトの高周波焼入れ解析

    各種シャフトや歯車等の機械部品では、耐摩耗性を確保するため表面の硬度を増しつつ、内部の靭性を保つことで柔軟性のある部品を作ることが望まれています。表面硬化法のひとつである高周波焼…

絞込み検索

  • カテゴリー一覧