ズーミング解析を使用した分路リアクトルの巻線損失解析

株式会社明電舎
変電事業部 変圧器工場 技術部 開発課
伊藤 泰久

概要

分路リアクトルは、所望のリアクタンスが得られるように鉄心にギャップを複数設けている。このとき、鉄心のギャップ部分で磁束のフリンジングが発生し、その影響により巻線に渦電流が発生する。この渦電流解析はマルチスケール問題であり、従来の磁界解析手法では計算規模の観点から実現が困難であった。
本講演では、上記の問題を「ズーミング解析」を用いることで解決する一例を述べる。「ズーミング解析」を使用することで、マルチスケールモデルにおいても渦電流を考慮した巻線の電流分布および損失分布の詳細な解析が可能となる。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ