振動解析 / 音圧解析

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. [L-TR-44] 電力変圧器の巻線振動解析

    変圧器から発生する巻線振動は、巻線からの漏れ磁束が巻線内の電流に作用することで発生する、ローレンツ力を振動力とする振動現象です。

  2. [JAC251] オルタネータの振動解析

    ここでは、クローポール型オルタネータを対象にステータコアに発生する電磁力を求め、そのオルタネータの構造解析と連成させることにより加速度を評価します。また、電磁力と固有モードの周波…

  3. [W-VI-97] 実機と解析モデルで剛性を合わせるための相関解析

    ⾼精度で振動を推定することが可能になれば、試作や試験のコストを下げることができ、製品開発全体の時間を短縮させることも可能となる。

  4. [JAC138] SRモータの振動解析

    ここでは、SRモータを対象にステータコアに発生する電磁力を求め、モータの固有モードと連成させることにより音圧を評価する事例を示します。

  5. [JAC234] 誘導電動機の振動特性解析

    ここでは、誘導機のステータコアに発生する電磁力を求め、モータの固有モードと連成させることにより音圧を評価する事例を示します。

  6. [JAC226] SPMモータの振動特性解析

    ここでは、SPMモータを対象にステータコアに発生する電磁力を複数の回転数で求め、そのモータの固有モードと連成させることにより加速度を評価します。また、電磁力と固有モードの周波数成分お…

  7. [JAC277] アキシャルギャップ型モータの振動解析

    ここでは、アキシャルギャップ型モータを対象とし、音圧レベル最大時に起きている現象を、電磁加振力と固有モードの観点から確認した事例を示します。

  8. [L-MO-108] 制御を考慮したモータの性能評価

    モータのコンポーネント設計段階では、理想的な正弦波電流でモータの性能評価を行います。しかし、実駆動時の電流は制御やインバータの影響で理想的な正弦波にはなりません。インバータによる…

  9. [JAC254] 油入大型変圧器の振動解析

    ここでは、大型変圧器の電磁加振力による振動を評価した事例を紹介します。大型変圧器は油冷となるため、部品周囲の流体である油を弾性体として近似して扱うことが本事例の特徴です。なお、加…

  10. [JAC020] SPMモータの音圧解析

    ここでは、SPMモータを対象にステータコアに発生する電磁力を求め、モータの固有モードと連成させることにより音圧を評価する事例を示します。

  11. [L-MA-38] 応力依存性材料特性による鉄損計算精度改善

    モータの効率は重要な評価項目ですが、実測値と解析値の乖離がしばしばおこります。乖離の原因の一つに実機では様々な要因で応力が印可されており鉄損が増加することが挙げられます。JMAGの応…

  12. [L-MB-31] JMAG-RTモデルによるモータの内部状態モニタリング

    これまでモータのプラントモデル”JMAG-RTモデル”では電流やインダクタンスなどモータ方程式で用いられる物理量を出力できましたが、今回指定した任意の物理量を出力できるようになりました。出…

  13. [L-MU-92] JMAG/Particleworks連携によるモータの冷却解析

    モータの温度管理は重要な課題です。PMモータの磁石は温度上昇によって減磁が生じ、高効率が失われてしまいます。自然空冷で十分に温度上昇を防げる場合は、複雑な液冷機構を設ける必要はあり…

  14. [L-MU-93] JMAG/Adams/Simulink連携による車両走行シミュレーション

    電気自動車で使用される駆動用モータは一般的にはエンジンよりも振動が小さいと言われていますが、トルクの脈動(トルクリップル)による振動が車両全体に伝わり問題となることがあります。従…

  15. [W-MO-23] 永久磁石モータの振動/騒音の実測と解析モデルの構築

    モータの開発において小型化、高効率化は常に要求されているが、近年は振動や騒音の低減に対する要求も高まっており、これらの開発課題を解決するためのツールとして、電磁界-構造連成解析への…

  16. [JAC097] トランスの音圧解析

    ここでは、電源周波数6(kHz)でトランスを駆動した場合のコアの電磁力を求め、トランスの固有モードと連成して音圧分布を求める事例についてご説明します。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して