構造

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. [W-OP-96] 駆動用モータの多目的最適化実現のための GA の必要性

    概要HEVやEV用の駆動用モータは駆動状態ごとに求められるパフォーマンスが異なったり、磁界だけでなく構造や熱に関して制約を設けられることがある。例えば、低速・高負荷の駆動状態では高トル…

  2. 142 – 分割コアの圧入解析

    ここでは、コアとフレームの締結による応力解析を圧入条件でモデル化し、応力を考慮した場合としない場合のIPMモータの無負荷時の鉄損密度を求めています。

  3. [L-MU-07] 専用ツールとの連携によるマルチフィジックス解析

    電気機器設計において、強度や発熱、振動・騒音の課題を磁気設計の段階で検討し同時に解決するためには、マルチフィジックス解析が有効です。しかし、構造解析、流体解析、磁界解析、熱解析そ…

  4. [W-MA-47] 応力を考慮した鉄損解析が実用段階に

    1.応力を考慮する背景電磁界解析において鉄損解析の精度向上が課題となっている。従来の鉄損の計算方法では、あらかじめエプスタイン法等で測定した電磁鋼板の素材の鉄損特性より機器の鉄損を…

  5. [W-MO-23] 永久磁石モータの振動/騒音の実測と解析モデルの構築

    概要1.はじめにモータの開発において小型化、高効率化は常に要求されているが、近年は振動や騒音の低減に対する要求も高まっており、これらの開発課題を解決するためのツールとして、電磁界-構…

  6. 234 – 誘導電動機の振動特性解析

    ここでは、誘導機のステータコアに発生する電磁力を求め、モータの固有モードと連成させることにより音圧を評価する事例を示します。

  7. 198 – バスバーの熱応力解析

    インバータ等のパワエレ機器の電力の供給ラインではバスバーやボンディングワイヤを介して電流が供給されます。インバータなどの機器は数(kHz)のPWMキャリア周波数で動作するため、周波数が高…

  8. 184 – 磁歪を考慮したリアクトルの音圧解析

    リアクトルは電気系統に関わる様々なシステムの中で利用されています。例えば、インバータとモータの間で電流脈動を平滑化する役割を担います。一方で、リアクトルの振動騒音が問題となってき…

  9. 138 – SRモータの振動解析

    SRモータは、他のモータに比べて構造が簡単で永久磁石を使用しないことから、堅牢で安価なモータとして期待されています。ただし、ステータとロータの突極性から生じる電磁力が大きく、振動や…

  10. 128 – 片持ちはりの構造解析

    電気機器の小型化、薄型化に伴い機器の強度設計の重要性が高まり、低振動化対策がますます求められています。電気機器の振動特性、強度を精度よく評価するためには、それを構成する各部品の特…

  11. 124 – ステータ内径のバラつきを考慮したSPMモータのコギングトルク解析

    モータ組立時、加工誤差や焼き嵌め、圧入によりステータの内径にバラつきが発生します。このバラつきによりコギングトルクが大きくなり、振動・騒音の要因になります。

  12. 114 – アウターロータモータの振動解析

    アウターロータモータは、ステータの周りをマグネットロータが回転します。ロータの半径が大きくなるため、同じ外径のインナーロータモータよりも大きい駆動トルクを得られ定速度性に優れます…

  13. 108 – リング磁石の遠心力破壊解析

    永久磁石同期モータの産業分野への適用が拡大しており、高速回転可能なモータの開発が進められています。高速回転時に問題になるのはロータに働く遠心力であり、リング磁石を使用したSPMの場合…

  14. 97 – トランスの音圧解析

    ここでは、電源周波数6(kHz)でトランスを駆動した場合のコアの電磁力を求め、トランスの固有モードと連成して音圧分布を求める事例についてご説明します。

  15. 91 – 圧入応力を考慮したIPMモータの鉄損解析

    概要マグネットトルクに加えてリラクタンストルクが利用できることから、IPMモータに対する要求として、モータドライブと組み合わせた広い速度範囲における高効率化があります。特に高回転域に…

  16. 87 – 焼き嵌めを考慮したIPMモータの鉄損解析

    概要ハイブリッド自動車や電気自動車駆動用モータの鉄心として電磁鋼板が用いられます。その目的は、小型化、軽量化、高効率化です。IPMモータの高回転域における効率を高めるためには、鉄損を…

絞込み検索

  • カテゴリー一覧