構造

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 回転機の損失解析と形状最適化

    千葉工業大学 山崎 克巳

  2. JMAGを用いた超電導マグネットの設計

    住友重機械工業株式会社 吉田 潤

  3. Integrated Acoustic Simulation of a Switched Reluctance Motor Drivetrain as part of a Multi-physics approach to Electric Vehicle Optimization

    Koen De Langhe, Ben Meek, Fabio Santos, Herman Van Der Auweraer, Jan Anthonis, LMS International

  4. Vibration Optimization of Concentrated Stator and IPM Rotor

    Alvin Lee, Emerson, Hermetic Motor Section Manager

  5. Multi-physics simulation between JMAG and Abaqus, and its applicability to three-field simulation of cell phone speaker acoustic response

    Brad Heers, Dassault Systemes SIMULIA

  6. 第1回 LMSの技術者に聞く電気機器の振動・騒音対策におけるモデルベース開発の活用

    モデルベース開発はどこまで浸透しているのか CAE編昨年の連載ではモデルベース開発の考え方について整理しましたが、今年は実際にモデルベース開発を行っている現場についてレポートしたいと…

  7. Electric Drives for Off-Road Mobile Equipment

    Jim Shoemaker, John Deere

  8. Multiscale Noise and Vibration models for a Switched Reluctance-based drivetrain for EV and HEV

    Koen De Langhe, LMS International

  9. Researches on the Behavior of Vibration and Noise of an IPM Motor on HEV

    Zeng Jinling, CHINA FAW GROUP CORPERATION

  10. 電気自動車用モーターの振動・騒音解析

    日産自動車株式会社 宮川 隆行

  11. JMAGとCAEFEMを用いたDモデルの磁界振動連動解析

    株式会社富士通ゼネラル 藤岡 琢志

  12. JMAG におけるトランス解析への取組み

    株式会社JSOL 仙波 和樹

  13. 第3回 製品開発プロセスへのFEA の展開

    FEAが設計現場にもたらす効果とは何か?これまでこの誌面を読まれた読者の中には、FEAのない時代から開発はやってきたし、設計のプロセスはもう固まっているのだから、いまさらFEAを入れて開発…

  14. 第3回 複雑な物理現象を簡単に結びつけて開発効率の向上に寄与

    解説:モデルベース開発先回は、モデルベース開発に対するソリューションのひとつであるJMAG-RT の開発意図や得られる成果、JMAG-Designer10.5 で追加した機能をご紹介いたしました。3回目の今…

  15. 第1回 モデルベースデザインに対するJMAGの取り組み

    解説:モデルベース開発開発現場において、最近“モデルベースデザイン(開発)”という言葉が使われはじめています。このレポートでは、「モデルベースデザインとは何か」「我々にどのように係わ…

  16. Latest advancements in noise and vibration simulation in support of electrical motors and power electronics

    Koen De Langhe, LMS International

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧