[W-MA-70] コイル交流損失解析のためのメッシュモデリング

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

概要

1.背景
近年、回転機において高出力化のために角線コイルの使用が増えてきている[1] [2] [3]。そのため解析では素線形状をモデル化し素線に生じる渦電流・交流損失を計算することが増えている。素線の交流損失を計算するためには鎖交する磁束とそれによって生じる表皮効果・近接効果を正確に捉える必要がある。メッシュ分割ではこれらの現象を捉える分解能が求められる。一方、分解能を増やしすぎるとモデル規模が過大となり計算コスト増大につながり適切な分解能を設定する必要がある。
本報告ではメッシュモデリングの観点からコイル交流損失解析について考察する。

絞込み検索

  • カテゴリー一覧