[W-MA-76] 加工歪を考慮した電磁界・鉄損解析のための材料モデリング手法

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

1.背景

電磁機器の高効率化に伴い電磁界解析において損失解析の高精度化が重要な課題となっている。例えば鉄損解析ではプレイモデルや均質化法など高精度な材料モデルの実用化が進んでいる(1)。一方、加工歪や応力の影響、特に損失の増加(2)については、研究が進むものの実用的な材料モデリングが確立されていない。
本資料では打抜きによる影響が切断面からの距離の関数で表現できると仮定し電磁界解析・鉄損解析を行う方法を提案する。

絞込み検索

  • カテゴリー一覧