トランス・リアクトル

並べ替え条件
新しい順
古い順
Views
  1. 32 – トランスの出力特性解析

    ここでは、磁界解析を行い低周波トランスの負荷変動による2次電圧の変化を求めています。

  2. 151 – 電力用変圧器の絶縁評価解析

    ここでは、落雷や短絡時を想定し、巻線間に想定される最大電圧をかけた際の電界強度分布を求めます。

  3. 254 – 油入大型変圧器の振動解析

    ここでは、大型変圧器の電磁加振力による振動を評価した事例を紹介します。大型変圧器は油冷となるため、部品周囲の流体である油を弾性体として近似して扱うことが本事例の特徴です。なお、加…

  4. 221 – 磁性めっき線チョークコイルの高周波抵抗値低減効果の確認

    ここでは、JMAGの皮膜メッシュ機能を使用したチョークコイルの銅損失解析の結果から高周波抵抗値を求め、磁性めっき線を使用したコイルの抵抗値低減効果を確認します。

  5. 235 – リアクトルのコア漂遊損解析

    ここでは、リアクトルのコア漂遊損解析の事例についてご説明します。

  6. 202 – 電力用変圧器のコア漂遊損失解析

    ここでは、漂遊損失を評価する際に行う短絡試験をモデル化して解析を行い、巻線に隣接したコアの漂遊損失分布を求めています。

  7. 203 – 電力用変圧器の無負荷試験解析

    ここでは、JMAGで無負荷試験の解析を行う場合のモデル化とそこから得られる鉄損分布、電流、励磁コンダクタンス、励磁サセプタンスを求めています。

  8. 232 – リアクトルのジュール損失解析

    ここでは、リアクトルのエアギャップの位置に対するジュール損失を検討した事例を示します。

  9. 238 – 直流重畳を考慮したリアクトルのヒステリシス損失解析

    ここでは、直流電流に加えスイッチングに伴う高周波電流が流れるモデルに対し、ヒステリシス損失の計算方法としてループカウント法とプレイモデルを用いた方法の違いを比較します。

  10. 206 – 磁界と熱流体連携による油入変圧器の温度解析

    ここでは、強制循環タイプの油入変圧器の発熱分布を磁界解析で求め、熱流体解析モデルへマッピングし、熱流体解析で絶縁油を流体として扱って温度を求める手順と事例を紹介します。

  11. 204 – リッツ線を用いたスイッチングトランスの銅損解析

    フライバックコンバータは、スイッチング電源を実現する小電力向けの電源回路として幅広く使用されています。部品点数が少なく簡単な構造のため、製造時のコストを抑えた電源回路を実現するこ…

  12. 158 – マイナーヒステリシスループを考慮したリアクトルの直流重畳特性解析

    DC-DCコンバータなどで使用される高周波リアクトルは、直流電流に加えてスイッチングに伴う高周波電流が流れます。リアクトルの性能として、交流成分が重畳した幅広い直流電流領域で安定したイ…

  13. 152 – 電力用変圧器コイルの短絡時電磁力解析

    変圧器は電磁誘導を利用して、交流電力の電圧を変換する電気部品です。電力変換時、変圧器のコイルには電流と磁界による電磁力が発生します。特に異常時に短絡電流が流れると、大きな電磁力が…

  14. 148 – 電源トランス(フライバックコンバータ)の損失解析

    フライバックコンバータは、数十Wクラスの小型容量電源の代表的な方式の一つです。構造が簡単で廉価なことから、おもに昇圧用のコンバータとして、家庭用電気製品を中心に広く利用されています…

  15. 146 – トランスの漂遊損の解析

    変圧器は長期にわたる運用が想定されるため、損失によるランニングコストを抑えることが重要な設計指針のひとつです。損失には巻線の銅損、コアの鉄損、また容量の大きな変圧器ではコアから漏…

  16. 143 – 空芯コイルのインダクタンス解析

    チョークコイル、チップインダクター等の電子部品は自身が持つインダクタンスを利用して電磁ノイズ対策等に使用されます。中でも空芯コイルは、コアを有するものと比べインダクタンスが小さい…

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧