高周波トランス/リアクトルの詳細解析におけるJMAGの活用

株式会社JSOL
西尾 隆行

概要

 高周波トランス/リアクトルでは高周波がゆえに巻線に表皮効果・近接効果が生じ、損失などの物理量を局所的に正確にとらえる必要があります。一方、そのためにモデル規模も大きくなりがちです。
 本発表では高周波トランス/リアクトルに特徴的な問題に対してどうJMAGを活用するかということをお話します。
 素線形状のモデル化、材料モデリング、過渡解析の高速化、損失解析、熱解析の話題を中心に取り上げます。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ