[L-MU-07] 専用ツールとの連携によるマルチフィジックス解析

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

概要

電気機器設計において、強度や発熱、振動・騒音の課題を磁気設計の段階で検討し同時に解決するためには、マルチフィジックス解析が有効です。しかし、構造解析、流体解析、磁界解析、熱解析それぞれ専用の解析ツールが使われることが多く、マルチフィジックス解析にはこれらのツールをつなげてさらに詳細な解析を行う必要があります。JMAGは所有するツールや解析目的に応じて様々なマルチフィジックス解析の様式を選択できます。例えば、JMAGのマルチフィジックス解析機能を使うこともできますし、Abaqus、STAR-CCM+とのダイレクトインターフェースで簡単に双方向連成解析も取り組めます。連成解析の操作もGUIから設定でき非常に簡単です。ダイレクトインターフェースがない場合でも多目的ファイル出力ツールを使えば、ファイルベースで他の解析ツールに物理量を渡すことが可能です。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧