[L-MU-93] JMAG/Adams/Simulink連携による車両走行シミュレーション

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

概要

電気自動車で使用される駆動用モータは一般的にはエンジンよりも振動が小さいと言われていますが、トルクの脈動(トルクリップル)による振動が車両全体に伝わり問題となることがあります。従来、電気自動車走行時の振動を評価するには理想的なモータ入力とした車両走行シミュレーションが用いられてきましたが、駆動時の振動を適切に評価するにはトルクの空間高調波など詳細なモータ特性を考慮する必要があります。
ソリューションは JMAG、Adams、Simulink連携シミュレーションです。Adamsは、MSC Software社によって開発された汎用機構解析ソフトウェアであり、幅広いマルチボディダイナミクス解析に対応しています。 これらのソフトを連携させることにより、車両走行時の振動評価を簡単かつ正確に行うことができます。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧