材料

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. [W-MA-100] ⾼精度損失評価のための電磁鋼板詳細解析⼿法のご紹介

    電磁鋼板は電気機器の性能を左右する重要な要素の1つであり、高精度な損失評価が求められている。従来、磁界解析で得られた磁束密度波形を用いて後処理として鉄損解析を行う手法が普及している。

  2. [W-MA-111] 異常渦電流損失の高精度化 (2)

    鉄損解析は測定した鉄損データを用いた方法が主に使われていた(以降、従来法と呼ぶ)。従来法は適用範囲が実測条件下に限られるため高調波や直流重畳の影響を評価する際に課題があった。それ…

  3. [W-MA-21] ヒステリシスと渦電流分布を考慮したSRモータの鉄損解析

    スイッチトリラクタンスモータ(以下SRモータ)は磁石を用いないことから、耐久性、堅牢性が高く、低コストを特徴としている。SRモータの鉄心の磁束密度波形は永久磁石同期機や誘導電動機の様な…

  4. [W-MA-51] 鋼板内の電磁現象をシミュレーションにより読み解く

    ここでは、JMAGの最新の分析機能によるプレイモデル+1D法の解析結果の確認を通して、シミュレーションにより鋼板内の詳細な物理現象を捉えることができることを紹介する。

  5. [W-MA-46] 1次元有限要素法を用いた電磁鋼板渦電流損失計算法

    電磁機器の高効率化が進んでおり、電磁界解析において鉄損解析の精度向上が課題となっている。特に家電、電動駆動自動車などに希土類永久磁石を用いた永久磁石同期機が適用され高効率化がなさ…

  6. モータ向け圧粉磁心の開発とその適用によるモータの高性能化

    住友電気工業株式会社 齋藤 達哉

  7. 225 – 可変磁石メモリモータの誘起電圧解析

    ここでは、メモリモータの可変磁石の磁化状態を三相コイル電流を用いて変化させ、モータ特性の変化を確認します。また、可変磁石のユーザーサブルーチンを用いたモデル化についても1例を紹介し…

  8. 222 – 不完全着磁磁石の不可逆熱減磁解析

    ここでは、組み込み着磁した磁石の温度を変えて解析を行い、トルク波形や磁束密度分布への影響を評価します。

  9. 192 – 電磁弁の残留磁化を考慮した応答特性解析

    ここでは、磁性体に生じた残留磁化が応答性に与える影響を調べるための手順と事例を紹介します。

  10. [L-MA-38] 応力依存性材料特性による鉄損計算精度改善

    モータの効率は重要な評価項目ですが、実測値と解析値の乖離がしばしばおこります。乖離の原因の一つに実機では様々な要因で応力が印可されており鉄損が増加することが挙げられます。JMAGの応…

  11. [W-MA-88] 異常渦電流損失計算の高精度化 (1)

    鉄損解析は従来、測定した鉄損データを用いた方法が主に使われていた(以降、従来法と呼ぶ)。しかし、従来法は適用範囲が実測条件下に限られるため高調波や直流重畳の影響を評価する際に課題…

  12. [W-MA-76] 加工歪を考慮した電磁界・鉄損解析のための材料モデリング手法

    1.背景電磁機器の高効率化に伴い電磁界解析において損失解析の高精度化が重要な課題となっている。例えば鉄損解析ではプレイモデルや均質化法など高精度な材料モデルの実用化が進んでいる(1)。…

  13. [W-MA-87] プレイモデルによるマイナーループ損失の精度検証

    1.背景磁界解析の重要課題の一つに損失解析の精度向上が挙げられる。その中でも鉄損解析においては高調波鉄損、マイナーループ損失、加工歪、応力依存などの課題がある。マイナーループ損失の…

  14. [W-MA-47] 応力を考慮した鉄損解析が実用段階に

    1.応力を考慮する背景電磁界解析において鉄損解析の精度向上が課題となっている。従来の鉄損の計算方法では、あらかじめエプスタイン法等で測定した電磁鋼板の素材の鉄損特性より機器の鉄損を…

  15. 238 – 直流重畳を考慮したリアクトルのヒステリシス損失解析

    ここでは、直流電流に加えスイッチングに伴う高周波電流が流れるモデルに対し、ヒステリシス損失の計算方法としてループカウント法とプレイモデルを用いた方法の違いを比較します。

  16. 194 – 渦電流を考慮した高速回転モータの解析

    永久磁石同期モータはHEV駆動、エアコンのコンプレッサー等、様々な分野で活用されています。中でも特にHEV駆動用では小型、高出力密度化を達成するために、従来よりも高速回転化が進んでいま…

絞込み検索

  • カテゴリー一覧