MBD

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. [JFT059] 高調波電流の考慮方法(JMAG-RT)

    本資料では、プラントモデル(JMAG-RTモデル)を用いた回路シミュレーションにより高調波電流波形を求め、磁界解析で使用する方法について学習します。

  2. [L-MB-33] モータドライブ開発を支援する JMAG-MATLAB/Simulink連携

    JMAGは、MATLAB/Simulink(以下Simulink)を開発するMathWorksと共同で、EV/HEVをはじめとしたモータドライブ開発に有用なモデルベース開発(以下MBD)を強力に支援します。モータドライブシス…

  3. [L-MB-32] 制御時機器の応答性を高い精度で再現する直接連携解析

    電磁弁やインジェクタなど制御に対して高速な応答性が求められる機器では、制御の高度化に伴いシミュレーションに求められる精度が高くなってきています。これらの機器では制御・回路シミュレ…

  4. [L-MB-28] モデルベース開発に組み込まれるJMAG

    モデルベース開発(以下MBD)では、実機を高精度に模擬できるプラントモデルが要求されます。実機相当のプラントモデルを利用することによって、設計工程における事前検証やモデルを介した誤解…

  5. [L-MB-31] JMAG-RTモデルによるモータの内部状態モニタリング

    これまでモータのプラントモデル”JMAG-RTモデル”では電流やインダクタンスなどモータ方程式で用いられる物理量を出力できましたが、今回指定した任意の物理量を出力できるようになりました。出…

  6. [L-MU-92] JMAG/Particleworks連携によるモータの冷却解析

    モータの温度管理は重要な課題です。PMモータの磁石は温度上昇によって減磁が生じ、高効率が失われてしまいます。自然空冷で十分に温度上昇を防げる場合は、複雑な液冷機構を設ける必要はあり…

  7. [L-MU-07] 専用ツールとの連携によるマルチフィジックス解析

    JMAGのマルチフィジックス解析では異次元モデル間のマッピング機能が充実していますが、同様の仕組みは他ツールとの連携においても使用可能です。JMAGは空間的および時間領域でのマッピング(…

  8. [L-MU-93] JMAG/Adams/Simulink連携による車両走行シミュレーション

    電気自動車で使用される駆動用モータは一般的にはエンジンよりも振動が小さいと言われていますが、トルクの脈動(トルクリップル)による振動が車両全体に伝わり問題となることがあります。従…

  9. [L-MB-82] FEAモデルを短時間でプラントモデルへ

    モデルベース開発(以下MBD)では、実機を高精度に模擬できるプラントモデルが要求されるため、高精度の特性情報を抽出できるFEAの利用が増えています。一方で、高精度化に伴い増加するモデル…

  10. [L-MB-55] JMAG-RTを用いた制御回路シミュレーションのための高精度プラントモデルの生成

    自動車産業の電動化に伴い、複雑な回路をもつ多くの新しい電気機器が登場してきています。 例えば、EV/HEVにおいては三相モータが広く利用されてきましたが、システムに対してより高い信頼性が…

  11. [RTML-046] ALTERNATOR_01

    型式:ALTERNATOR、ステータ外径:140(mm)、積厚:45(mm)、電源:DC200(V)

  12. [JAC239] IPMモータの故障解析

    ここでは、JMAG-RTを使用しIPMモータの故障をシミュレーションした事例を示します。シミュレーションしているのはIGBTの故障に起因する開回路故障であり、これはPMSMの駆動において最も一般的…

  13. [JAC216] 制御シミュレータとJMAG-RTを用いたクローポール型オルタネータのシミュレーション

    ここでは、ロータの回転数を変えた時のクローポール型オルタネータの出力電圧と界磁電流を確認しています。

  14. [JFT004] JMAGとSTAR-CCM+による双方向連携解析機能

    本資料は外部ソルバー連携条件およびSTAR-CCM+との双方向連成解析の手順を学習するためにサンプルデータと操作手順を示します。

  15. [W-MB-65] JMAG-RT3次元モデルの必要性

    本報告ではプラントモデル生成における3次元FEAモデルの必要性について解説する。

  16. [JAC206] 磁界と熱流体連携による油入変圧器の温度解析

    ここでは、強制循環タイプの油入変圧器の発熱分布を磁界解析で求め、熱流体解析モデルへマッピングし、熱流体解析で絶縁油を流体として扱って温度を求める手順と事例を紹介します。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して