[W-SE-113] プラントモデルを活用した過渡応答計算時間の短縮

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

概要

PWMキャリアによる高調波鉄損や磁石の渦電流を評価する場合、FEAと制御回路の連携解析が必要である。制御回路とFEAの連携解析は過渡状態が発生し、定常状態に到達するまで計算時間がかかる場合がある。
本稿では、プラントモデルを用いて過渡状態の計算の高速化を図り、定常状態到達後にFEAで計算を実施することで計算時間短縮化を試みる。この方法は、プラントモデルの精度が悪いとFEAへ計算を切換えた時に発生する過渡状態が長くなり、結果として時間の短縮が図れないという課題がある。ここでは、適切なプラントモデルの分解能を検討し、FEAと制御回路の連携解析時間を短縮出来る事を示す。

絞込み検索