3次元解析を利用したJMAG-RT活用事例

株式会社ミツバ
技術開発部 技術開発第一課
田村 夏海

概要

モータとモータ制御の設計において、JMAG-RTは有用なツールである。
また、自動車電装品としてのモータに求められる車載レイアウト性を考慮することでモータが扁平となることは珍しくない。
しかしながら、扁平形状にて解析精度を向上させるためには、3次元解析が必要となり、RTモデル作成に要する時間が増大する。
本講演では、HPCを用いることで上記課題に対する取組事例を紹介する。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ