自動車駆動用誘導電動機の解析方法とその制御方法

東京工業大学
千葉 明、竹内 啓祐
/ 名古屋大学
道木 慎二、中山 陽介
/ 株式会社JSOL
成田 一行、佐野 広征

概要

自動車の電動化が進みつつあり、従来から使用されている永久磁石モータを誘導機に置き換えようとする試みが見られつつある。永久磁石モータの電磁界解析や、その電磁界解析に基づくdq軸制御モデルの構築は確立した技術となりつつある。一方、誘導機の解析は、滑り周波数の過渡現象が発生するため、自動車用の高効率誘導機の場合は滑りが小さく、低い周波数の過渡現象が発生し、解析時間が長大化する問題がある。たとえば、一動作点の解析で、IPMモータでは数分であるのに対して、誘導機では数日になる例もある。そこで、解析時間を短縮する方法の適用が進みつつあるが、どのような誤差が発生するのかを理解しておくことは重要である。また、磁気飽和、滑り周波数依存の2次抵抗、鉄損などを考慮した制御モデルを作成する方法を明らかにする。

講演論文を閲覧いただくには、サインインが必要です

こちらは会員限定コンテンツです。
『JMAGソフトウェア正規ユーザー(有償会員)』または『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』でサインインが必要です。

『JMAG WEB MEMBER(無料会員)』へ登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン 

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ