力制御型メディカルロボットアームにおける、アクチュエータ低振動化検討

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社
メディカルビジネスグループ 研究開発部門 メディカルイメージング開発部
福島 哲治

概要

近年外科手術の領域では低侵襲手術が急速に普及している。しかし患者へのメリットが多い一方で、医師の負担は開腹手術に比べて重くなっている。
私たちは医師の負担低減を目的に、内視鏡下手術における、力制御型メディカルロボットアームの研究開発を行っている。力制御により、医師が直接触って安全で簡単に操作し視野確保可能にすることで、医師の負担低減を目指している。
医師が直接触って操作するため、低振動で滑らかに駆動するアクチュエータが望まれている。そこで、低コギング、低トルクリップル、低振動のモータを実現するために、JMAGを活用し、振動、制御との連成解析による検討を行う。

講演論文を閲覧いただくには、会員登録(無料)が必要です

これより先は会員限定コンテンツです。サインインまたは、会員登録が必要です。
会員登録することで、技術資料やそのほかの会員限定コンテンツを無料で閲覧できます。
登録されていない方は「新規会員登録」ボタンをクリックしてください。

新規会員登録   サインイン  

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

論文集アーカイブ

アーカイブ