材料

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. 158 – マイナーヒステリシスループを考慮したリアクトルの直流重畳特性解析

    DC-DCコンバータなどで使用される高周波リアクトルは、直流電流に加えてスイッチングに伴う高周波電流が流れます。リアクトルの性能として、交流成分が重畳した幅広い直流電流領域で安定したイ…

  2. 129 – 着磁を考慮したPM型ステッピングモータの特性解析

    ステッピングモータは、プリンタやデジタルカメラの位置決めなどに多く使われています。PM型ステッピングモータの場合、使用される永久磁石の着磁状態を設計することでモータ特性を作りこんで…

  3. 126 – 渦電流を考慮した着磁解析

    ここでは、被着磁体の渦電流を考慮した場合の着磁磁界分布、被着磁体の渦電流密度分布、磁石の表面磁束密度を求めます。

  4. 120 – SPMモータの熱減磁解析

    モータの高効率化および高出力化を実現するためには、温度上昇の問題を如何に解決するかが重要となります。モータに使われている材料で、温度に対する特性変化が大きいのは磁石です。希土類磁…

  5. 79 – 配向磁界を考慮した着磁解析

    ここでは、配向過程および着磁過程を考慮した磁石の表面磁束密度分布を求めます。

  6. 55 – IPMモータの組込み着磁解析

    概要埋込型磁石モータ(IPM)は強力な希土類磁石を用いられることが多く、組み立て工程ではロータの細い隙間に磁石を挿入するため、作業性が非常に悪くなります。また挿入後はロータが強い磁界を…

  7. 34 – SPMモータの減磁解析

    概要希土類磁石はエネルギー積が大きい特徴を持っていますが、クニック点を越える領域で使用すると不可逆減磁を起こし特性が低下します。モータの場合、回転中に生じる鉄損や銅損により磁石の…

  8. 30 – SPMモータの組込み着磁解析

    概要表面磁石型モータ(SPM)は磁石がステータと直接対面し、磁石が発生する磁界と励磁コイルが生み出す磁界との相互作用でトルクを発生させます。磁石の着磁状態はモータの特性を左右する主要因…

  9. 非正弦波励磁時の鉄損解析手法に関する検討

    スズキ株式会社 赤木 亮介

  10. ヒステリシスモデルを使用したリアクトル損失解析

    田淵電機株式会社 上田 幸平

  11. 異方性希土類ボンド磁石の着磁解析について

    日亜化学工業株式会社 吉田 理恵

  12. 三次元電磁界解析による永久磁石型同期機の面内渦電流損評価

    富士電機株式会社 大口 英樹

  13. 圧粉磁心を用いた薄型・高トルクなアキシャルギャップモータの開発

    住友電気工業株式会社 渡辺 麻子

  14. 188 – 磁石の保磁力分布を考慮したIPMモータの熱減磁解析

    モータの高効率化および高出力化を実現するためには、温度上昇の問題を如何に解決するかが重要となります。モータに使われている材料で、温度に対する特性変化が大きいのは磁石です。希土類磁…

  15. 184 – 磁歪を考慮したリアクトルの音圧解析

    リアクトルは電気系統に関わる様々なシステムの中で利用されています。例えば、インバータとモータの間で電流脈動を平滑化する役割を担います。一方で、リアクトルの振動騒音が問題となってき…

  16. スズキ株式会社

    小型車の電動化への挑戦を支えるJMAG同社から発売された最新のSOLIOにはマイルドハイブリッドシステムが採用されている。小型車における電動化は、電動部品の追加だけでは十分な燃費改善が得ら…

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧