[W-MO-114] 効率マップ測定比較

サインインするとデータがダウンロードできます

PDFダウンロード

概要

駆動用モータは低速低負荷運転から高速回転まで幅広い運転領域で高効率が求められ、効率マップで特性が評価される。駆動用モータの最高効率は95%以上であり、1%オーダーでの改善検討が行われているため、モデルベースでモータの性能を評価するためには精度として実測に対し誤差1%以内が要求される。
本稿では、シミュレーションベースの効率マップと実測の効率マップの比較を行い、2つの効率マップの差異および差異を生じている要因を分析した。結果、PWMキャリアによる高調波鉄損と交流銅損の影響が比較的大きいことが分かった。

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧