誘導加熱

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
  1. [W-SE-94] 三次元ソリッドモデルの自動メッシュ生成の速度改善

    本報告書では、バージョン16.1以降の自動メッシュ生成の速度改善についての評価結果を報告する。

  2. [W-SE-95] 三次元表皮メッシュ生成の改善

    今般JMAG-Designerでも表皮メッシュ生成の確実性を上げるべく改善を行ったので、本資料でその内容を紹介する。

  3. [W-SE-99] SMP ソルバーによる磁界解析の⾼速化

    本ホワイトペーパーではこれらの特徴を明らかにし、並列性能が得られやすい解析モデルの特徴、ならびに適切なハードウェア選定のポイントについてお伝えする。

  4. [JAC100] 鉄板の表面加熱解析

    ここでは、蚊取り線香状のコイルを配置した際、対向する鉄板の表面温度分布の均一性を確認し、温度分布が偏る原因となる渦電流損失密度分布も確認します。

  5. [JAC083] 誘導炉の磁気遮蔽解析

    ここでは、鉄心の有無による漏れ磁束の違いについて、磁束密度分布を確認することで評価します。

  6. [JAC085] 等速ジョイントの高周波焼入れ解析

    ここでは、あるコイル形状を用いた昇温過程の解析を行うことで、目的の温度条件を満たすか否かの評価ができることを示します。

  7. [JAC172] 丸棒の高周波焼入れ解析(回転焼入れ)

    ここでは、最適なコイル形状や通電条件(電源周波数、電流値)、回転速度などを求める際、数値解析モデルを作成し、昇温過程の解析をすることで、目的の温度分布となるか否かを評価できることを…

  8. [JAC051] 歯車の高周波焼入れ解析

    ここでは、最適なコイル形状や通電条件(電源周波数、電流値)を求める際、数値解析モデルを作成し、昇温過程の解析をすることで、目的の温度分布を満たすか否かを評価できることを示します。

  9. [JAC045] IH調理器の高周波誘導加熱解析

    ここでは、高周波誘導加熱によるIH調理器周囲の磁束密度と鉄鍋の温度分布を求めています。

  10. [JAC047] クランクシャフトの高周波焼入れ解析

    ここでは、数値解析モデルを作成し、昇温過程の解析をすることで、目的の温度分布となるか否かを評価する事例を示します。最適なコイル形状や通電条件(電源周波数、電流値)、回転速度などを…

  11. [JAC048] プリンタローラの高周波誘導加熱解析

    ここでは、与えたコイル形状によって、生じる温度分布の不均一性や、回転に伴う各部の温度上昇の様子を確認します。

  12. [JAC049] 鋼板の高周波誘導加熱解析

    ここでは、最適なコイル形状や通電条件(電源周波数、電流値)、送り速度などを求める際、数値解析モデルを作成し、昇温過程の解析をすることで、目的の加熱速度を満たすか否かを評価できるこ…

  13. [JAC050] 鋼線の高周波焼入れ解析(移動焼入れ)

    ここでは、最適なコイル形状や通電条件(電源周波数、電流値)、送り速度などを求める際、数値解析モデルを作成し、昇温過程の解析をすることで、目的の加熱速度を満たすか否かを評価できるこ…

  14. JMAGと最適化ツールHEEDSを活用した誘導加熱用コイル形状探査

    株式会社エィ・ダブリュ・エンジニアリング 第1CAE技術部 松村 俊明

  15. JMAGとHEEDSの連携による加熱コイル形状の自動設計

    NTN株式会社 先端技術研究所 結城 敬史

  16. JMAG-Optimus連携による誘導加熱コイルの形状最適化

    光洋サーモシステム株式会社 中田 綾香

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧

Remember me
サインイン
新規会員登録(無料) JMAG WEBサイトの認証IDに関して