ホワイトペーパー

並べ替え条件
新しい順
古い順
Views
  1. [W-MB-64] JMAG-RTにおける損失モデリング

    本報告ではJMAG-RTモデルにおいて損失がどのようにモデル化されているかを解説する。

  2. [W-MA-21] ヒステリシスと渦電流分布を考慮したSRモータの鉄損解析

    スイッチトリラクタンスモータ(以下SRモータ)は磁石を用いないことから、耐久性、堅牢性が高く、低コストを特徴としている。SRモータの鉄心の磁束密度波形は永久磁石同期機や誘導電動機の様な…

  3. [W-MO-12] 2次元モデルと3次元モデルにみる同期インピーダンスの比較評価

    本事例では2次元モデルと3次元モデルの解析から得られる同期インピーダンスの比較を中心に、両モデルの差異を明らかにするとともに、いずれの解析結果も材料の非線形性に強く依存していること…

  4. [W-MB-63] JMAG-RTモデルの最適な分解能の決定方法

    本資料では、システムシミュレーションを行いながら反復的にJMAG-RTモデルの分解能をあげる方法を提示する。

  5. [W-MA-49] 漂遊有負荷損失解析の必要性とアプローチ

    損失の主要成分は動作点によって異なる。その成分の一つとして漂遊負荷損失が挙げられる。物理現象としての漂遊負荷損失は機器内の部品に生じる渦電流によって生じるが、鉄損、銅損、機械損と…

  6. [W-MA-67] 積層鋼板渦電流損失解析における形状端部効果について

    本ホワイトペーパーではこの分析結果をもとに,2次元+1D法が精度を落とす場面を明確にし,今後取り組むべき課題を示す。

  7. [W-MO-24] ズーミング法による回転機の銅損解析

    本稿では,本手法を2次元回転機の素線の銅損特性解析および3次元回転機のリッツ線の損失解析に適用し,計算精度と計算速度の改善ついて評価を行った。以降では,特に断りがない限り,境界上…

  8. [W-MA-51] 鋼板内の電磁現象をシミュレーションにより読み解く

    ここでは、JMAGの最新の分析機能によるプレイモデル+1D法の解析結果の確認を通して、シミュレーションにより鋼板内の詳細な物理現象を捉えることができることを紹介する。

  9. [W-SE-74] アダプティブ機能を用いた電磁力計算

    本報告では、この電磁力誤差の発生要因を明らかにするとともに、アダプティブ解析がその解決方法になることを示す。なお、電磁力の計算方法としては表面力法、節点力法があるが、いずれも本質…

  10. [W-MA-46] 1次元有限要素法を用いた電磁鋼板渦電流損失計算法

    電磁機器の高効率化が進んでおり、電磁界解析において鉄損解析の精度向上が課題となっている。特に家電、電動駆動自動車などに希土類永久磁石を用いた永久磁石同期機が適用され高効率化がなさ…

  11. [W-MA-50] 損失解析から見た2D解析の有効性と限界

    ここでは、三次元解析と1D法の結果をもとに還流による影響度を評価する。

  12. [W-SE-73] コイル周辺の要素形状が収束性に与える影響

    ここではどの程度分解能が落ちると精度や収束性に影響するかを調査した。

  13. [W-SE-94] 三次元ソリッドモデルの自動メッシュ生成の速度改善

    本報告書では、バージョン16.1以降の自動メッシュ生成の速度改善についての評価結果を報告する。

  14. [W-MB-102] モデルベース開発とシミュレーションによるモータ効率マップ評価⽅法

    本報告では概念設計、詳細性能評価における効率マップ⽣成評価⽅法について解説する。また、マップに求められる精度、⽣成コストについて説明する。

  15. [W-SE-101] 並列計算によるモータ渦電流の詳細解析

    占積率の向上やエンド部縮小による小型化のために角線を用いたヘアピンコイルを採用したモータが増えており、高速回転時のコイル素線内の電流偏りや交流銅損の見積もりが重要になってきている。

  16. [W-VI-97] 実機と解析モデルで剛性を合わせるための相関解析

    振動騒⾳を低減するためにCAE を活⽤する場合、電磁界解析により電磁⼒の分布と時間変化を求め、得られた結果を⼊⼒として振動・騒⾳解析を⾏い、電動機構造が有害な振動や騒⾳を発⽣しないかを…

絞込み検索

  • カテゴリー 一覧