TECHNO-FRONTIER 2019



2019年4月17日(水)~ 4月19日(金)に幕張メッセで開催されます、TECHNO-FRONTIER 2019 第37回モータ技術展に出展します。
JMAGブースでは、モータのモデルベース設計・開発を軸に、話題の解析技術、事例をご紹介します。

主な展示

電動化におけるキーコンポーネントであるモータに要求されるのは、コンポーネントとしての高い性能だけでなくシステムとの高い整合性です。
シミュレーションを活用したモデルベース開発はモータ開発においても必須になりつつあります。
モータ設計で高い実績をもつJMAGがモデルベース開発のための新しいワークフローを提案します。
また、それに関連した、解析技術、事例を大量のドキュメントを元にご紹介します。

モデルベース開発

電動車両では駆動用モータの効率が車両の燃費に直結します。そのため、高精度なモータモデル、制御モデルを用いた効率マップの評価が重要です。
電磁界解析ソフトウェアJMAG を用いて、3Dモータモデルに対する詳細な効率マップを自動的かつ高速に生成、検証するワークフローを提案します。

最適化

トポロジー最適化によるロータ形状の設計例を紹介します。目的関数はトルク(最大化)とトルクリプル(最小化)のとし、多目的最適化を行いました。ON/OFF法により設計領域の材質をパラメータ化することで、従来のパラメータ最適化では見つけることができない複雑な形状を探し出すことができます。

損失

機器の小型化や省エネルギーを実現するため、モータに対する高効率化や小型化への要求は高まっています。
その要求実現のため、損失解析のニーズは高まっており、鉄損を始め、PWMキャリア由来の高調波損失、磁石渦電流損、交流銅損、漂遊負荷損、異常渦電流損失など様々な損失を評価するための技術をJMAGは日々開発し続けています。
今なお進化し続けている損失解析技術について、豊富なドキュメントで紹介します。

モータ設計

JMAGはモータの解析に絶対の自信をもっています。
モータは100年の歴史を持つ成熟機器でありながら、今日でも性能向上を目指して激しい技術競争が繰り広げられており、FEAは欠かすことのできない設計技術です。
JMAGには設計者のアイディアを即座に試すことのできるパラメータベースのモータ設計支援ツールJMAG-Expressがあります。モータタイプやパラメータを振った大域的な設計探査が可能です。

大規模モデル計算

自動車や電気機器の設計に許される時間は、年々短くなっています。設計業務の時間を短縮するための一つの方法として解析ソフトウェアが多く利用されています。
速度は精度と信頼性に直結します。機器内部の現象の詳細把握や設計空間を調べるための大量計算には高速な処理が欠かせません。
JMAGは計算アルゴリズムの開発、チューニングにより高速化への取り組みを続けています。
解析時間短縮のため、HPCソリューションを強化し、高並列ソルバー、GPUソルバーを提供しています。

マルチフィジックス

近年ニーズの高まりを見せているマルチフィジックス。JMAGは誘導加熱装置設計のための磁界-熱連成解析機能や電磁騒音対策のための磁界-振動解析機能を実用化し、ユーザーに提供しています。
また、より広範なニーズに対応するために各解析分野のCAEベンダーと提携し、使いやすい環境の構築と整備を進めています。
どのような分野で使われているのか、多くの事例からご確認ください。

解析手法

電気機器設計において、許される設計期間の中で最良の製品を作るために解析ソフトウェアが利用されています。
高い性能が要求される中で高精度な分析が必要になっている今、処理時間短縮はソフトウェア利用者の強い希望です。
JMAGでは、様々な解析手法により時間短縮を実現します。あなたに有益な解析手法を探してみてください。

配布資料

開催概要

会期 2019年4月17日(水)~ 4月19日(金)
会場 幕張メッセ(日本・千葉)
ブース
主催 一般社団法人日本能率協会
URL https://www.jma.or.jp/tf/outline/motor.html icon-external-link 
また、併設の技術シンポジウムでは、弊社山田が発表をします。
よろしければご参加ください。
 2019年4月17日(水)10:00-12:45
 第27回磁気応用技術シンポジウム A1磁気応用におけるシミュレーション技術

お問い合わせ

株式会社JSOL JMAGビジネスカンパニー
E-Mail : info@jmag-international.com TEL : 03-5859-6026 FAX : 03-5859-6030

アーカイブ

アーカイブ