Deep Dive -異常渦電流損失の測定と材料モデリング-

近年、電気機器の高効率化への要求はますます高まっています。しかし、高周波化、高出力化に伴い、機器内部は正弦波から歪んだ高調波成分によって損失が生じ、従来のエプスタイン試験による損失特性予測では対応が難しくなっています。

そこで、プレイモデルやFEAによる渦電流損失の利用が進んできました。これらによってヒステリシス損や古典損の計算は可能になりましたが、異常渦電流損については実測データが必要となり、正弦波を仮定するか、実駆動状態をすべてカバーするような高コストな測定が必要という課題が残されています。

本ワークショップでは、直流重畳時の損失測定データを用いたシミュレーションによる材料特性の同定という、異常損のモデル化に向けた検討結果を報告します。

適切な議論を行うためにはプレイモデルのための直流ヒステリシスループや直流重畳時の損失測定の精度が必要になります。 参加者の皆様とはモデリングのみならず測定についても議論させていただければと思います。

開催概要

主催 株式会社JSOL
日時 2024年6月19日(水) 13:30-18:30
場所 九段会館テラスオフィス  
〒102-0074 東京都千代田区九段南1丁目6番5号 九段会館テラス11階
対象者
  1. 異常損のモデリングについて検討を行っている
  2. 損失解析精度向上のために測定を実施している方(プレイモデル、高調波鉄損)
受講料 無料(事前登録制)
申込〆切 2024年6月17日(月)
*Webからのお申し込みは先着10名となります。
 定員になり次第締め切ります

お申込み

Web入力フォームでお申し込みいただけます。

お申込みはこちら 

※プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。最新情報はJMAG WEBサイトをご覧ください。
※同業他社及びその関係者の方は、お断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
※フリードメインでのお申込みはお断りします。所属先のドメインを入力ください。テレワーク等によりフリードメインによる受信をご希望のお客様は備考欄に所属先メールアドレスをご入力ください。

アジェンダ

時間 内容
13:30 Gathering with coffee(受付)
14:00-16:30 DeepDive
16:30-18:30 交流会

最少開催人数/開催中止について

お申し込みが2名に満たない場合は中止させていただく場合がございます。
また、講師の急病、事故、交通機関のストライキ、台風や地震等のため、やむを得ず休講または日程変更することがあります。予めご了承ください。
その際は改めてご連絡申し上げます。

キャンセルについて

準備の都合上、お申込みの取り消しはセミナー開催初日の5営業日前までとさせていただきます。

お問い合わせ

こちらのページからお問い合わせください。

アーカイブ

アーカイブ