お客様各位

お問い合わせやWEBでよく閲覧されている解析事例を定期的に紹介してまいります。

ワイヤレス給電についてJMAGのWEBサイトへのアクセスが増えてきています。
JMAGのWEB閲覧履歴上位はモータ関連でしめている中、
本日紹介するアプリケーションノートは常にトップ10に入る人気コンテンツです。


196 – コイルの浮遊容量解析

高周波アプリケーションでは、コイルはインダクタンス成分だけでなく、
そのキャパシタンス成分が無視できなくなり、回路のインピーダンス特性の悪化や
共振周波数のずれを引き起こします。コイルの巻線間に生じる浮遊容量がその一つです。
コイルに生じる浮遊容量は形状によって決まります。様々な形状のコイルに生じる
浮遊容量を求めるには、JMAGを用いた電界解析が有効です。

螺旋状コイルを対象とし、巻線間の距離を変え、各コイルに生じる浮遊容量を求めた事例をご覧ください。

https://www.jmag-international.com/jp/catalog/196_wirelesspowertransfer_coilstraycapacitance/
アプリケーションノートのダウンロードには、JMAGライセンスID(MSFXXXXX)が必要です。


インフォメーション


JMAGユーザー会2019

https://www.jmag-international.com/jp/conference2019/

12/4(水) ー 12/5(木) 東京:浜松町で開催します。
ただいま優先予約(アーリーバード)受付中
※ご予約いただきますと、JMAGユーザー会2019内で実施するセミナー等の各イベントに優先的にご案内します。