お客様各位

無料のモータ設計ツール JMAG-Express Onlineが
効率マップや温度評価に対応!

2020年2月にJMAG-Express Onlineを大幅アップデートしました。

形状テンプレート、材料、巻線および駆動条件のパラメータを入力するだけで、起動電圧定数、トルク定数、インダクタンス特性、電流vsトルク特性、回転数vsトルク特性、鉄損/銅損特性などを瞬時に得ることが可能です。

これに加えて、効率マップや温度評価にも対応しました。
システム設計段階での効率マップ評価が可能となります。
また、モータ駆動時の各部品の温度を簡単かつ高速に評価が可能です。

ぜひパワーアップしたJMAG-Express Onlineをご利用ください。


効率マップ

マップ機能を使用すると、モータの運転可能範囲や、各動作点における効率や出力を確認できます。マップ作成時には、電圧制限や電流制限が考慮されます。
パラメトリック機能を使えば複数のマップの比較も可能です。


温度評価

モータの特性評価の際に、銅損・鉄損・機械損などの損失による発熱を考慮することができます。
モータの熱等価回路モデルを生成し各部の温度を計算します。


JMAG-Express Onlineのお申込みはしたもののご利用されていなかった方や、今まではJMAG技術資料の閲覧のみでJMAG-Express Onlineを使ったことがなかった方も、ぜひアップデート版をご利用ください。

JMAG-Designer Ver.19.0 新機能紹介動画

2020年1月、JMAG-Designer Ver.19.0 をリリースしました。

JMAG V19を音声付きの動画でご紹介します。
お好きな時間に何度でも気軽にご覧いただけます。
デモによる紹介もございます。
動画の中で紹介しているデモのデータは、JMAG機能チュートリアルからダウンロードいただけます。

ぜひ新しいJMAGをご活用ください。