お客様各位

お問い合わせやWEBでよく閲覧されている解析事例を定期的に紹介しています。

磁界解析事例が続きましたので、本日は電界解析の事例をご紹介します。


197 – 電解めっきの電界分布解析

電解めっきとは物体の表面に金属膜を形成する技術で、現在は電子部品の製品から自動車など様々な分野で活用されています。本日は、正極に面している負極の形状が平行ではなく傾きのあるモデルでの電界分布について紹介します。

電界分布

負極側が平らなモデルと傾斜のあるモデルの電界グラフを図1、電界分布のコンターを図2に示します。なお、図1は、電極に沿って測定しています。
図1より、青線で示した正極に面している負極のモデルが平らな場合は、長さ15mmを中心に左右対称になっているのが分かります。一方、赤線で示した正極に面している負極のモデルに傾斜がある場合、正極との距離感が短くなるにつれて電界が大きくなっているのが分かります。
図2より、負極に傾きのあるモデルは、電界に偏りが発生していることが確認できます。

アプリケーションノートのダウンロードには、JMAGライセンスID(MSFXXXXX)が必要です。

その他 電界解析モジュールELをつかった事例はこちら
各ドキュメントの更新状況はこちら

JMAGユーザー会 講演資料をご覧いただけます。

ご講演者様のご厚意により、「JMAGユーザー会2019 講演論文集」をWEBに公開いたしました。
是非ご覧ください。

なお、資料の閲覧には、JMAG技術資料閲覧登録(無料)が必要です。
JMAG技術資料閲覧登録いただきますと、「JMAG-Express Online」もご利用いただけます。