お客様各位

お問い合わせやWEBでよく閲覧されている解析事例を定期的に紹介しています。


84 – 鋼管の電磁成形解析

電磁成形は、コイルに瞬間的に大電流を流して強力な磁界を作ることで、被成形体にも大きな渦電流を発生させ、磁界の相互作用で生じるローレンツ力を利用して成形する方法です。

この手法は通常のプレス金型を使った塑性変形による成形とは異なり、被成形体自身の力で変形させるため、プレス金型が入らないような難しい成形を行うことができます。

しかし、被成形体に生じる力が誘導される渦電流により決まるため、動的変形となり、変形挙動を把握するのが難しいという特徴があります。

JMAGを用いて被成形体に生じるローレンツ力分布をきちんと把握することができれば、電磁成形の変形挙動を予測する一助となります。
ここでは、コイルに電流を流した時の素管に生じるローレンツ力密度分布を求めています。

電流密度分布

ローレンツ力密度波形

アプリケーションノートのダウンロードには、JMAGライセンスID(MSFXXXXX)が必要です。

ローレンツ力解析はこちら
各ドキュメントの更新状況はこちら

JMAG WEBミニセミナー

ご好評につき第2回目の開催が決定!

去る2月に開催した、JMAGミニユーザー会in 刈谷でご好評をいただきましたセッションをWEB(ライブ)で開催します。

尚、当日会場で実施している技術ディスカッションについても、セミナー内に時間を設けています。
マイクだけでなく、チャットでも質問を受け付けていますので、ぜひライブで受講をいただき、疑問点やご不明点を解消ください。

プログラム

最適化計算、実務利用 ~実務的に設計を進めるためには~
「多制約・多目的最適化設計」
多目的最適化とパラメトリックスタディの使用方法について説明します。

開催概要

 開催日:2020年4月9日(金)15:00~16:00(受付時間14:30~)
 定 員:各回20名
 対象者:JMAGにご興味がある方、最適化計算に興味のある方
 参加費:無料