お客様各位

お問い合わせやWEBでよく閲覧されている解析事例を定期的に紹介しています。

先週に、JMAG-Designer Ver.19.1をリリースいたしました。
2週にわたり開催したJMAG-Designer Ver.19.1搭載機能解説も118名の方にお申込みをいただきました。ご参加誠にありがとうございました。
ぜひ、JMAG-Designer Ver.19.1をご利用ください。
https://www.jmag-international.com/jp/products/jmag-designer/index_v191/

今週ご紹介をするのは、永久磁石の磁化状態を可変とするタイプ・メモリモータの事例です。
メモリモータの可変磁石の磁化状態を三相コイル電流を用いて変化させ、モータ特性の変化を確認した事例をご紹介します。


225 – 可変磁石を用いたメモリモータの誘起電圧解析

可変磁石と誘起電圧の変化

可変磁石が完全着磁されている状態から、一度減磁を行い、その後再度着磁した際の誘起電圧を図1に示します。
また、図1中にて誘起電圧の状態を区間ごとに表したものを表1に記します。

図1中③の区間では、可変磁石を減磁させたことによって、固定磁束磁石による誘起電圧のみが見られます。本モデルによる誘起電圧の最大変化率は、約50(%)となります。

無負荷時のフラックスラインの変化

可変磁石が着磁されている状態と脱磁されている状態における無負荷時のフラックスラインを図2に示します。

左の状態は着磁を表し、右の状態は脱磁を表しています。可変磁石が脱磁されている状態では、ステータに流れる磁石磁束が減っている様子が確認できます。

また、可変磁石の拡大図から、左の着磁の状態では可変磁石内部にフラックスラインが複数貫通しており、可変磁石から磁束が発生し、マグネットコアのギャップを通り可変磁石に戻る磁気回路を組んでいる様子が確認できます。

一方、右側の脱磁の状態では、可変磁石の内部にはフラックスラインが表れておらず、固定磁力磁石から発生したフラックスラインが可変磁石の周囲に表れている様子が確認できます。これは可変磁石から発生する磁束より、固定磁力磁石から強い磁束が発生していることを意味しています。

可変磁石の動作点の様子はこちら
アプリケーションノートのダウンロードには、JMAGライセンスID(MSFXXXXX)が必要です。

JMAG基礎 録画セミナー 磁界解析基礎・熱解析基礎

WEBセミナーで実施をしている「JMAG基礎 WEBセミナー」の録画版を公開しました。

ご都合の良い時間に、何度でもご覧いただけます。
現在、「磁界解析基礎」と「熱解析基礎」を公開中です!

※動画をご覧いただくには、各ID・パスワードが必要になります。

JMAG基礎 WEBセミナー 構造解析基礎 (振動解析) 申し込み受付中

7/30に、「JMAG基礎 WEBセミナー 構造解析基礎 (振動解析) 」を開催します。
本セミナーは、ご不明点などを講師に直接ご質問いただけるライブセミナーです。

これから解析業務をはじめる方やJMAGをご利用されたことがない方、シミュレーションをこれからはじめる方はぜひご覧ください。

学習項目
・振動解析が扱う現象
・基礎方程式(運動方程式、固有値)
・単位、用語
・有限要素法
・荷重(電磁加振力)、境界条件、固有モード
・結果の評価法

詳細は以下をご覧ください。