お客様各位

お問い合わせやWEBでよく閲覧されている解析事例を定期的に紹介しています。
来週はお盆につき、メールニュースはお休みします。


265 – シンクロナスリラクタンスモータの効率マップ作成

希土類磁石の価格高騰を受けて、産業用などで永久磁石を使用しないシンクロナスリラクタンスモータが注目されています。

広範囲で駆動するモータの特性を把握するためには、モータ設計および制御設計を行う上で効率マップを作成します。
しかし、従来の方法では鉄損の見積もりや鉄心の非線形磁化特性の考慮が難しいという問題があります。JMAGを用いたシミュレーションによって、鉄損や非線形磁化特性の影響を考慮して容易に効率マップを得ることができます。
ここでは、シンクロナスリラクタンスモータの効率マップを作成し、各動作点の損失割合を評価しています。

効率マップ、力率マップ

効率マップを図1、力率マップを図2に示します。
図1より、力行と回生の効率を把握することができます。このモータは、回生側に比べて力行側の方が、高効率領域が高回転側に広がっていることが分かります。
図2より、このモータは力率が0.7以下で、特に高トルクの領域と低トルクの領域の力率が低いことが分かります。

各動作点の損失割合

低速高負荷時、低速中負荷時、中速中負荷時、高速低負荷時それぞれの損失割合を表した円グラフ(パイチャート)を図3に示します。
銅損は負荷に応じて小さくなります。ステータコア、ロータコアの損失は回転数に応じて増加しており、特に渦電流損失が増えていることがわかります。

モデルデータのダウンロードには、JMAGライセンスID(MSFXXXXX)が必要です。

録画セミナー:JMAG Ver.19.1注目機能解説【追加更新】

JMAG Ver.19.1で特に注目する機能を、関連する機能とあわせてデモを用いてご紹介します。 本日、「コイルモデリングの高度化」の動画を公開しました。 是非ご覧ください。

他にもJMAG WEBサイトでは様々な録画セミナーを公開しています。
お時間を気にせず、いつでも、何度でも受講いただけますので、是非ご覧ください。

ミラー先生のモータ設計学び直しWEBセミナー

モータ設計の権威であるミラー先生による「モータ設計学び直しWEBセミナー」を公開しています。 モータ設計初心者から、設計・解析熟練者まで、皆様にご覧いただける内容です。

[Vol.004] Noisy Lumpy Growling Effects in the Induction Motor を新規公開しました!

JMAG注目ドキュメント特集併設 録画セミナー

5/12から7週間にわたって、毎週火曜日と木曜日にWEBセミナーを開催しました。
当日の録画動画を公開しました。
各20分から30分のセミナーです。是非ご覧ください。

トポロジ―最適化/多目的最適化/誘導加熱/効率マップ