お客様各位

お問い合わせやWEBでよく閲覧されている解析事例を定期的に紹介しています。

ミラー先生のモータ設計学び直しWEBセミナーは受講されていますか?
現在第五回目の講座を配信中です。SPMモータのフェーザ図についてお話しいただきました。
ぜひ、文末のセミナー案内をご覧ください。

さて、今週のアプリケーションカタログは、更新した単相誘導電動機の始動特性解析についてご紹介します。


38 – 単相誘導電動機の始動特性解析

小出力の電動機として電気洗濯機、扇風機などの家庭用電気機器や事務機器などの駆動用に広く用いられている単相誘導電動機。始動時に想定した方向にトルクが発生して安定に回り続けることができるかを事前に検証することが重要になります。この検証には、ロータが電磁力からの作用により、運動方程式に従って始動する状況を正確に解析する必要があります。
本日は、コンデンサによる補助巻線を設けた単相誘導機の事例をご紹介します。

磁束密度分布、渦電流密度分布

始動直後の磁束密度分布を図1、2次導体バーの渦電流密度分布を図2に示します。巻線により作られた磁束によって2次導体バーに渦電流が生じ、回転磁界が生じていることが確認できます。

始動特性

図3に時刻-回転速度特性、図4に時刻-トルク特性を示します。始動から同期速度に達するまでの時間はコンデンサの容量によって決まります。回転速度が同期速度に達するとすべりが無くなるため平均トルクは0となります。

モデルデータのダウンロードには、JMAGライセンスID(MSFXXXXX)が必要です。

ミラー先生のモータ設計学び直しWEBセミナー

モータ設計の権威であるミラー先生による「モータ設計学び直しWEBセミナー」を公開しています。 モータ設計初心者から、設計・解析熟練者まで、皆様にご覧いただける内容です。

5回目となる今回の講義では、SPMモータのフェーザ図についてお話しいただきます。
今回はスクラッチからフェーザ図を作成しており、特にフェーザ図を使って、PMモータの高速域での弱め磁束の原理について解説いただきました。

[Vol.005] The Flux weakening Phasor Diagram of the Brushless Surface Magnet PM Motor